読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスケのももいろ日記

ビスケ(三十路リーマン)が、女性との甘酸っぱい思い出とか、妄想とかを書き綴った思い出帳的ブログです。

ほら、これでちゃんとご飯食べといて【追記あり】

カノジョ ちょいエロ 思い出

今日は、この記事(どうしよう。行きたいです。いい? - ビスケのももいろ日記)で知り合って、あれよという間に付き合うことになった智恵について、付き合ってからの話を書いておこうと思います。
備忘な意味合いが大きいかも知れません。すみません。

付き合ってからの日々

智恵は、看護師だった。当時はたぶん3交代制だったと思う。あれ、どうだったかな。たぶんそう。看護師さんは夜勤があるので大変なんですよね。

看護師さんの勤務形態については下記にわかりやすく書いてます。
http://jobnurs.kolo-8.com/yakin.html

一方僕は土日休みのサラリーマンだったので、休みがまるまる合うことはほとんどなかった。家もそんなに近くなかったので、基本は、僕は金曜日の終業後に智恵の部屋に行って、智恵の仕事の有無に関わらず週末を智恵の部屋で過ごし、日曜日の夜に自宅に戻って平日は仕事、という週末婚みたいな生活をしていた。

智恵は土日も仕事があるので、留守番してる時間も多かった。そういうわけで、たしか、付き合ってすぐ、かなり早い段階で合鍵をもらった。

僕にとっては、こういう付き合い方をするのは初めてで、なかなか面白かった。(大変なこともたくさんあったが。)

ほら、これでちゃんとご飯食べといてね

智恵は、付き合いだしてからの押しが強かった。早く結婚し(て仕事をやめ)たいと、これも付き合ってかなり早い段階で言っていた。智恵の強い希望で、避妊をしないこともあった。

土日に智恵が日勤だと、朝、僕は智恵を駅まで一緒に送っていって、改札で見送った。ある日、僕が「手持ちのお金がないから降ろさなきゃ」みたいな話をしたら、「降ろさなくていいよ。ほら、これでちゃんとご飯食べといて。」といってお金をくれたことがあって、ヒモ!って思った。

留守番中は一人の時間が確保できたし、初めて住む智恵の街は結構いいところで、散歩したりして、有意義だった。

高感度だった

夜とは限らないけど、夜の生活について覚えてるのは、智恵は非常に感じやすいタイプだった。

とても小ぶりの胸を触ると、とても喜んだ。「なんでこんなに気持ちいいんだろう」って言ってた。本当に気持ちよかったんだろうが、よくわからないけど、胸は触られてもさほど気持ちよくない、と言っている女性が周りにけっこういたので、意外だった。

Hのときもかなり敏感だった。すごく大きな声で喘いだ。すごかった。近所迷惑だったと思う。でもまぁ盛り上がった。

終わり

智恵と、なんで別れたのかがあまり思い出せないけど、僕の方の気持が続かなくなってしまったせいだったと思う。

たしか、付き合ってからの押しの強さに、ちょっと引いてしまったところがあったとは思う。あとは、けっこう家が遠くて、週末婚だけならいいんだけど、ときどき平日にも駆けつけることがあったりで、体力的・精神的に削られてたような感じもあった。

もう一つ、智恵は見た目がけっこう綺麗系ではあったが、豪快というかガサツなところがあった。よく覚えてるのは、よく足でなにかをやるのが、すごく気になった。これは、そのころのウブな僕が、女性に対して幻想を抱いていただけかもしれないが、足で扇風機のスイッチを操作するとか、タンスとかドアを足で閉める、とかが、あの時はすごく嫌だった。(今はあんまりどうとも思わない)

あと、本当にバカなんだけど、智恵はバストがとても小ぶりだった。智恵は早く結婚したい願望が強かったので、付き合い続けることは即ち結婚だった。結婚したら、基本は一生智恵以外を抱かない覚悟が必要だと思ってたので、だとすると今後、一生たわわなバストをムニムニってできないと思うと、それはツライなぁって、まじめに思ったこともあったなぁ。。(ごめんなさい)

ただ、智恵を筆頭に、この後僕はしばらく、とても小ぶりなバストの女性とばかり付き合うようになり、その素晴らしさも理解するようになった。というなんとも言えないフォローを入れておく。

元カレと家の話【2017.2.16 追記】

(読み返してて思い出したのでたいしたことじゃないですけど追記します@2017年2月16日)
智恵のことで重要だったのは元カレの存在だった。5年ほど付き合った智恵の元カレは、たしか普通のサラリーマンだったけど、会社を辞めて小学校教師だかを目指して大学に入りなおしたそうだった。
5年付き合って、結婚の話も出ていたころの話だそう。

智恵は、結婚願望が強かったというのもあって不安定になるのを嫌い反対したが、それでも会社を辞めてしまったということで喧嘩になり別れたとのことだった。

智恵的には別れたつもりで、僕と付き合うことにしたそうだが、僕が智恵のうちに出入りするようになってからも元カレからのやり直そうという打診は続き、智恵もそれなりに悩んでいた。
未練はないけど、いくらかの情はある、と。

僕は、その話をされて、まぁ元カレと戻りたいなら戻ればいいと思ってたし、そう伝えた。智恵の好きなようにしてほしい、と。
知り合ってすぐに付き合って数か月の僕のことなど気にしないで、ニュートラルな気持ちで元カレとの結論を出してほしいと思った。

知り合ってすぐに付き合ってまだ数か月なのは僕にとっての智恵も一緒だったから、元カレに戻るならまぁ付き合う前に振られたと思って諦められる気がした。

で、ある日、どうしても会って話したいという元カレと会って話すことを勧めた。

お台場だったと思う、智恵と元カレは話し合いの場を持った。

僕は智恵ん家で留守番してた。もうここでダラダラするのも最後かもなーとか思いつつ。
近くにおいしいパン屋さんがあってけっこう気に入ってたのになとか。

で、結局、「元カレと完全に別れたよ。ビスケのことも全部話して、いまが幸せだから戻れないって言って、彼もわかってくれた。」

…おお、ありがとう。なんか一段と重みが増した。。

あと、今思い出すと、入り浸る身としては、智恵の家の快適度が少し低いのが気になっていたというかよくなかった。

築15年くらいの鉄筋コンクリートのマンションで壁は厚かったけど、お風呂がすごく寒くて、水圧が弱くてちょろちょろしかお湯がでなかった。
さらに密閉が甘くて風が吹き、夏には虫が侵入した。タイル張りで、ヒビが入っていたり、どうしても掃除しずらいところがあって、不潔な感じになっていたり。
なので、智恵のうちでお風呂に入るのがすごくいやだった。

僕は、なんども智恵に引っ越しを進めたけど、けっきょくは引っ越してくれなかった。
費用のことも考えて、次は一緒に住めるところに引っ越すつもりでいたとかで想定する時期がずれていたのかも知れない。

智恵は気にしていたけど、僕が出入りする数か月前まで、そこは智恵と元カレさんとの愛の巣でもあった。同じテーブルで2人でご飯を食べ、同じグラスでビールを飲み、同じベッドで寝た。

まぁ僕はそこに関してはどうとも思わなかった。元来/今も、僕は独占欲のないタイプではない。きっと、たまたま智恵との関係性に独占欲を掻き立てられなかったんだと思う。

なんかもうそれがうまくいかなかったすべてな気がしてきた。
(追記ここまで)

振り返り

仕事が大変だったので、早く結婚して辞めたいとはいっていましたが、彼女は自分の仕事に誇りをもってやってたし、実際けっこう優秀だったっぽいです。そういうところはすごく尊敬できる人でした。

あと、付き合うに当たって、結婚とか子ども、というものに対する考え方とかテンションが一致することは、とっても重要だなと思いました。

そうそう、人にもよると思うけど、看護師は忙しいし、病院関係者以外に出会いを求める場合、出会う場がない、ということが多いように感じました。そんな事情もあって、看護師さんは、キレイな人でも、相場よりかなり積極的にオトコにアプローチすることがあり得るようです。

奥手な人にはちょうどいいかも知れないです。ただし、丸一日の休みは滅多に合わないので、休日に留守番することになります。逆に、休みが全部被らないと、お互いけっこう自分の時間がとれるので、それをメリットと思えるといいんですよね。

お粗末さまでした。