読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスケのももいろ日記

ビスケ(三十路リーマン)が、女性との甘酸っぱい思い出とか、妄想とかを書き綴った思い出帳的ブログです。

チョコレートをもらった話

思い出 恋の予感

すみません。ごぶさたしてます。ふとバレンタインネタを思い出したので備忘的に書いときます。
なんかちょっとうまく書けなかったです。すみません。リハビリテーション

中2のときの思い出

よく覚えてないんだけど、たしか、僕がバレンタインに初めて女子からチョコレートをもらったのが中2の時だったと思う。

初めてくれたのは中2で同じクラスの祐実で、祐実はなんかやたら大人っぽい感じで、年上の高校生とかと付き合ってそうな感じの子だった。
学校では、まぁそこそこ仲よくしてたけど、僕も女子慣れしてなかったし、友だち関係から一歩踏み出すなんて全く思いもよっていなかった。
きっかけは、たぶん席が隣にでもなって、授業中にちょこちょこちょっかいだしたりとか、そういう感じで仲良くしてたような気がする。

で、バレンタインの日、学校。期待しつつも結局それまでどおりだれにももらうことなく部活にいこかなと教室でようとしたとき、祐実に呼び止められて軽い感じで渡された。

祐実「ほれ。気が向いたら食べてみて。大丈夫とは思うけど、おなか壊したらごめん。」

僕は、なんかゴニョゴニョといって受け取った。手作りのチョコレートケーキだった。
なんか祐実もちょっと茶化す感じでくれたし、あまり深く考えなかったけど、もっと喜んでもいいシチュエーションだったなぁと、いま思いました。

高1のときの思い出

これはめっちゃ覚えてる。高1の時の話。

バレンタインの日、学校。朝からずーっと知らないだれかにつけられている感じがあった。知らない女子だし、なんかの罰ゲームでビスケにチョコ渡せよってなってるのかもとも思った。こええ。

なんとか6限まで逃げ切り部活いったろと教室をでたところで、クラスの女子Aから紙切れを渡された(その子は知り合い)。

A「なんか知らない女子がこれビスケに渡してだって。」

ビスケ「おおう。ありがとう。なになに。。。」

紙切れ「明日2/15の放課後5時に体育館裏に来てください。1-E 藤田」

E組の藤田さん、、知らない子だった。...こええ。
当時、僕は目立つタイプではなかったけど、部活的に仲良くない派閥の男子チームがいたので、その差し金かとか思ったりした。ボコボコにされるかも。。

とかいいつつ、興味に負けて翌日5時、体育館裏へいったよ。いったら誰もいない、と思ったら物陰から現れる藤田さん。。びびったよ。
僕は初めて藤田さんを認識したけど、すごくおとなしそうな地味な子だった。手作りのチョコをくれました。

どのアンテナがビスケの存在をキャッチしたのか、けっきょく分からなかった。

その後

その後、祐実とは結局つかず離れずな友だち関係が続いて、急接近することもなかったです。そういえば、社会人になってから共通の友人の結婚式で久しぶりに会って、そのとき割りと積極的に話しかけてくれたのに、僕その復活しかけたリンクを使って、合コンセッティングしちゃった。バカだなぁ。。ああバカだなぁ自分。

藤田さんはね、結局それ以来ほとんど接点ないままだった。高2、高3と同じクラスだったような気がするけど、ほとんど話さなかった。高1のその呼出の件があって、お互い構えすぎちゃったのかも知れないけど、うまくいかなかったなぁ。

チョコくれるときって、
「ほれ、バレンタインチョコだよ。いつも仲良くしてくれている感謝のしるしだよ」というテンションなのか、
「あなたが好きですよ。これは告白ですよ。」というテンションなのか、
その他もあるかもだけど、
それがわからなくて困ることがあって、特にガキンチョ時分の自分には本当にわからなかったとかバカだなぁ。



# 今週のお題「バレンタインデー」